薄毛のチーズおかき薄毛のチーズおかき

薄毛にだって幸せになる権利がありますよね?私は諦めませんよ!



薄毛アドバイザーの「チーズおかき」です。

今回は知る人ぞ知る、アボガード(アボルブ)とザガーロのすごすぎる効果をみなさんにお伝えしたいと思います。

アボダードとは



アボダード(アボルブ)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した前立腺肥大症のための治療薬で、デュタステリドが配合されています。


海外ではアボダートという名称で販売されており、デュタステリドというジェネリック薬(同一成分の後発薬)もありますね。


デュタステリドは、前立腺肥大症の治療薬としては2001年にアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認され、 日本では2009年に厚生労働省に承認されました。

現在では世界85カ国で年間 約300万人の患者さんに使用されているんですよ。

また、2009年には韓国で男性型脱毛症(AGA)治療薬として承認されていますね。


ネットで調べてみると、アボダート、アボルブ、デュタステリドについて、以下のような記述があります。

アボダート、アボルブ、デュタステリドの注意点



ディタステライド系の商品で気を付ける事は、やはりステロイド系の製剤という事でしょう。

使用するに当り必ず耐性というものが発生します。(必ずというのは語弊がありました。耐性が付く可能性があります。)

耐性が付くという事は、長期間使用すると効果が現れ難くなってくるという可能性があるとい う事ですね。

また使用を中止するとかなりのリバウンドがあるとの噂もあり(これは噂ではなく、デュタステライドと同様に使用を中止すると効果は逆流すると思 います。

一度その効果を得る事となると、その後継続して使用していかなければならないという事もありますね。


ステロイドとは、腎臓(じんぞう)の上の方にある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つのことなんです。

ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、アトピー性皮膚炎など、さまざまな病気の治療に使われていますが、耐性がついて効果が現れにくくなる傾向がありますからね。

アボルブ(アボダート、デュタステリド)は、ステロイド系の医薬品なのか?



調べてみると、神奈川県横浜市のヨコ美クリニックのホームページに、デュタステリドもフィナステリドと同じくステロイド系の薬ではありません。

という記述がありました。

この文章を執筆したのは、ヨコ美クリニック院長の今川賢一郎先生です。


今川先生の経歴は、この通りですから、信用できちゃおますね。

1974年  慶応義塾大学医学部卒業
1982年   医学博士(慶応義塾大学)
1985年~ 医療法人 横美会 院長 兼 理事長
アメリカ毛髪外科専門医(ABHRS)
American Board of Hair Restoration Surgery認定医
国際毛髪外科学会(ISHRS)会員


デュタステリド(アボルブ、アボダート、デュタステリド)は、ステロイド系の医薬品ではありません

デュタステリド(アボルブ、アボダート、デュタステリド)は、ステロイド系の医薬品だから、耐性がつきやすいというのは、ネットのデマです。


2015年9月28日、グラクソ・スミスクラインの新しいAGA(男性型脱毛症)治療薬「ザガーロ」がわが国で承認されました。

「デュタステリドはステロイド系の医薬品だ」というネットの書き込みを見ましたが、実際のところはどうなのでしょうか?


グラクソ・スミスクライン担当者

ステロイド系の医薬品というのが何を示すのかが分かりませんが、確かにデュタステリドの構造式、骨格はステロイドと似ています。

しかし、ステロイドはいろいろな部位に対して作用するのに対して、デュタステリドは5α還元酵素を阻害するという働きしかありません。

その点でステロイドとデュタステリドは違います

デュタステリドは、耐性がつきやすいのでしょうか?



グラクソ・スミスクライン担当者

私どもでは、デュタステリド錠をアボルブの名前で発売しており、4年間の臨床試験のデータがありますが、耐性があるという結果は出ていません

これについては今後の試験の結果次第でさらに情報が出てくる可能性もありますが。

ポスト・フィナステリド症候群



フィナステリドには、フィナステリドの服用を中止しても副作用が継続する、「ポスト・フィナステリド症候群」という症状があるという話がありますが、デュタステリドもフィナステリドと作用機序が似ているので、「ポスト・デュタステリド症候群」があるのではないでしょうか?

グラクソ・スミスクライン担当者

アボルブの発売後、いくつかそのような報告が上がっておりますが、添付文書に記載する段階ではないと判断しています。

ということで、デュタステリドはステロイドに似ているものの、耐性がつくという話を裏付けるデータはないとのことでした


ちなみに、デュタステリドの構造式は、ザガーロの添付文書によればこうです。

ステロイドの構造式は、以下のようなものがあります。

引用元:東京化成工業株式会社


私は理系ではないので、よく分かりませんが、似ているんでしょうかね?


なお、デュタステリド錠は、医薬品個人輸入サイトで購入できますよ。

医薬品個人輸入サイト最大手、オオサカ堂では、ザガーロの発売元であるグラクソ・スミスクライン製のアボダート(アボルブの海外版)を扱っていますね。

デュタステリドは、AGA治療薬として日本で承認されましたので、安心して服用できます

ザガーロとは



2016年に発売されたザガーロはアボダートと同じデュタステリド配合の薄毛治療薬。

前立腺肥大症治療薬のアボダート(アボルブ)が男性型脱毛症(AGA)治療薬として承認された製品がザガーロということになりますね。

ザガーロの製造メーカーはアボダートと同じGSK社。デュタステリドの成分量も同じ0.5mgです。アボダートはザガーロのジェネリックというわけではなく、治療目的の違う同一成分の先発薬です。

アボダートとザガーロは実はほぼ同じ製品で、発売したメーカーはどちらもグラクソ・スミスクライン社というイギリスの製薬会社なんです。

これらはデュタステリドを主成分とした薬ですが、もともとの使用目的が違う製品ですからね。

アボダートとは、もともとは前立腺肥大に対する治療薬として海外で発売されました。

アボダートはアボルブという製品名で2009年に日本でも承認され販売されているんですよ。

その後、アボダートに含まれるデュタステリドがAGAの治療にも大きな効果があることがわかり、AGA治療薬として日本で販売するために新たに厚生労働省の承認を得て2015年に発売されたのが「ザガーロ」なんです。

従って、これらの薬品は名前が違うものの、中身は同じ製品であり、国内で承認されているかされていないかの違いのみとなっていますね。

いずれの製品にもデュタステリドが含まれており、もともとの販売目的は違えど、どちらを服用してもAGAに対して効果がある医薬品ですからね。

成分デュタステリドは2型だけでなく1型にも効果

アボダートやザガーロに配合されている成分であるデュタステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを作り出す、5αリダクターゼと言う酵素の働きを阻害する効果を持つ成分なんです。

この5αリダクターゼには1型と2型が存在しており、1型5αリダクターゼは頭皮全体に存在し、2型5αリダクターゼは前頭部と頭頂部に存在しているんですよ。

AGA治療薬としてポピュラーなフィナステリドはこの2型5αリダクターゼのみに作用する成分ですが、デュタステリドは2型だけでなく1型の5αリダクターゼの働きも抑制する働きがありますので、前頭部・頭頂部・側頭部などの頭皮全体に対する薄毛予防に効果が期待できる成分なのですよ

また、デュタステリドの効果はフィナステリドに比べて強力で、フィナステリドが2型5αリダクターゼに作用する効果に対しデュタステリドは約3倍もの酵素抑制力がありますからね
このような理由から、一般的にはデュタステリドはフィナステリドの1.5倍の発毛効果があるとされているんですね。

ザガーロの主成分は、デュタステリド


すでに発売されている前立腺肥大症治療薬のアボルブや海外版のアボダートをAGA治療薬として新たに売り出すということのようです。

デュタステリドがAGA治療目的で承認されたのは、韓国に続いて日本が2番目となりますね。


これを機会に、ザガーロの発売元であるグラクソ・スミスクラインに個人として電話をして、デュタステリドがステロイドであり、耐性がつきやすいという噂について再度、確かめてみました。

長期的に服用しても耐性がつくわけではない



ネット上にある情報として、「デュタステリドはステロイド系のために耐性が付きやすいのが最大の欠点だ」という情報がありますが、これは間違った情報なんです。

デュタステリドはステロイド系の医薬品ではありません



これはアボダートとザガーロの販売元であるグラクソ・スミスクライン社がコメントしています。

また、同社ではデュタステリドについて4年間の臨床試験を実施していますが、その中で耐性が付くといった結果は出ていないともコメントしています。

このことから、デュタステリドはフィナステリドと同様に長期的な服用によって耐性がついてしまうというようなことはありませんので、安心して服用することが出来る医薬品であると言えますね。

副作用が起こる危険性は?



アボダート、ザガーロに含まれるデュタステリドはいくつかの副作用が報告されています。

副作用の症状としては、性欲減退、勃起不全、精液量の減少など、主に男性の性機能に関わる機能低下が挙げられますね。

いずれにおいても発生確率は5%以下であり、重大なリスクとまでは言えませんが、少なからず症状が出ている方がいるのも事実なんです。

副作用の症状は同じAGA治療薬のフィナステリドと同じではあるものの、その効果の強さゆえに副作用の発生確率も少し高くなっていますね。

もし妊娠を考えている場合、このような副作用が出てしまうのは致命的と言えますので、その場合はデュタステリドの服用タイミングを考える必要がありますよね。

また、デュタステリドは女性の服用は厳禁となっています。

これは、女性が服用しても効果が得られないことに加え、もし妊娠中に服用した場合、胎児が男児であった場合に男児の生殖器の発育に重大な影響を与え、発育不十分となってしまう危険性があるためなんです。

デュタステリドは皮膚からの吸収もあるため、妊娠中の女性が触れることも厳禁であり、服用とあわせて禁忌事項となっています。

AGAに対し効果が高い分、相応の副作用もありますので、リスクを十分に理解して服用するようにし、もし何らかの副作用が出た場合は速やかに医師に相談してくださいね。

ネットで個人輸入できます



アボダートは海外製医薬品のため海外から個人輸入(並行輸入)する必要があります。

”個人輸入”と言ってもAmazonや楽天を利用するように、ネットで注文するだけです。難しい手続きは一切不要なので、ネット通販をしたことがある人なら迷うことはまずありませんからね。

ザガーロやアボルブを病院で処方してもらうと1ヶ月分で10,000円前後しますが、アボダートの個人輸入なら3,000円以下と激安価格。

処方箋も不要で、多くの通販サイトは送料無料で発送してくれますよ。

アボダードの効果



テストステロンに5α還元酵素という物質が作用するとジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、それが毛根に働きかけると薄毛(AGA)になります


5α還元酵素には1型と2型があり、プロペシアやフィンペシアの主成分であるフィナステリドは2型の5α-還元酵素のみをブロックすることで薄毛の進行を止める効果があります。

一方で、アボダートの主成分であるデュタステリドは1型と2型の5α-還元酵素の両方をブロックすることから、より大きな効果が期待できちゃいます

まり、アボダートは薄毛治療に対しての有効性が極めて高い可能性がありますね


最近の研究結果から、1型・2型両方をブロックした方が発毛効果があることが分かってきたので、デュタステリドは今注目の育毛成分です。
下の図はフィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の発毛効果を比較した臨床試験の結果です。


グラフから分かるように、ザガーロ0.5mg>ザガーロ0.1mg>フィナステリド1mgの順に効果は大きくなりました(「プラセボ」とは効果のない偽薬を投与することです)。

フィナステリド1mgというのはプロペシアの標準的な1日の摂取量。その1/10のデュタステリドでもフィナステリドより発毛効果が高いという衝撃の結果です。

プロペシアでイマイチ効果を実感できなかった人でも、アボダート(ザガーロ)なら効果があるかもしれないですね。

また2006年の研究では、フィナステリド5mgよりデュタステリド0.5mgの方が効果が高いと報告されています。

アボダートの副作用はプロペシアと同程度だと考えられます。ザガーロの臨床試験では、フィナステリドとザガーロの副作用の発症頻度は同じくらいと報告されています。

ザガーロの効果



本来の目的である前立腺肥大症の治療薬として使用する場合のアボダート服用量は1日1カプセル(0.5mg)です。

育毛剤として使用する場合の服用量については、ザガーロの用法用量を参考にすればいいでしょう。

日本で承認されたデュタステリド育毛剤・ザガーロの服用方法は、0.1mgか0.5mgを1日1錠となっています。

アボダートは1錠0.5mgですので、通常は1日1錠で十分なんです。

アボダートはプロペシアのような錠剤タイプではなく、カプセルの中に薬液体が入っています。そのため、カッターで分割して服用するのは難しいんですよ。


試しにカッターでカプセルを分割したところ、透明の薬液がでてきました。


この液体を保存して小分けにするの実質的に不可能ですね。

薄毛治療のクリニックでは0.5mg版のザガーロが処方されることが多いので、分割する必要は特にないですね。

どうしてもアボダートの服用量を調整したい場合は、2日に1錠など減薬するという方法があります。デュタステリドの半減期(体内に薬の成分が残る期間)はフィナステリドよりも長いので、あえて毎日飲まない方もいます。

ザガーロの服用方法については『くすりのしおり』も参考にして下さいね。

良い口コミ



M字が目立ってきたので商品を購入して服用初めて10日程で少し抜毛が増え あれ?と思いネットで調べると大丈夫だと知り 服用続けて1ヶ月半が過ぎ鏡で確認するとM字部分の、うぶ毛が濃くなった様な気がしたので 次回の3ヶ月分を購入してしまいました


リピートです。抜け毛が気になり服用し始めました。効果はどうなんでしょうか?抜け毛が減ってきたようなそうでも無さそうな⁉仕事柄、夜勤があり夜勤明けなんかはやはり、抜け毛は多いと感じです。ある程度の期間服用しないと結果が分からないので、とりあえず続けて飲んでみようと思っています。荷物の配送などの対応はいつも問題ありません。


効果は分かりません。
でも、病院でザガーロを処方してもらう事になり
月額1万円弱。やはり月々6千円くらいをケチって
怪しいのはやめます。
ザガーロにしてから、2ヶ月くらいですが
毛が太くなってきたような気がします。
アボダートからですと通算で4ヶ月弱の使用歴になるので、その効果も現れているのかもしれません。
※決して、本薬を否定しているわけではありません。
私の場合は経済的に余裕があるのでザガーロに転向したまでです。

悪い口コミ



性欲は減ってないがイク時に気持ちよくなくなったし息子の元気もなくなった、量も減った。
髪は全盛期以上?ってぐらいアホほど増量したので満足はしてるが
後の副作用はなし


乳首がなんかプックリしてきた


髪は増えたが、生殖機能が…
そのおかげで、エロ関係に金を使わず、髪に投資できるけど、何だか空しい…

総評


アボダートとザガーロは同じ成分ではあるものの、日本国内で承認されているかされていないかという違いによって、入手の仕方やコストなどに大きな違いがありますからね。

これらの医薬品の主成分であるデュタステリドはフィナステリド系に比べて1型、2型両方の5αリダクターゼを抑制するという強い効果があることから、前頭部や側頭部、頭頂部など頭皮全体に効果が期待できますよ
↓ ↓ ↓

無料相談受付中

チーズおかきに無料で相談してみる

私のブログは真剣に薄毛に悩んでいる方が、自信を取り戻していただくためだけに存在しております。

薄毛というのは最近では仕方のないものと世間では認知されていますが、本人からすると「仕方ない」と言う理屈では解決できない方だっていらっしゃいます。

自信を取り戻すには1にも2にも効果のあるものを使い、薄毛のケアに取り組むということです。

私は薄毛に関する知識や商品を豊富に知っていますので、私ならあなたの薄毛の悩みの手助けができるかと思われます。

連絡していただければさらに細かい相談ができますので、お気軽にお申し付けください。

⚫︎今までにどんな薄毛ケアをしたか?

⚫︎最近気になっているケア方法(ヘッドスパなど)

⚫︎今までついあっているケア商品

⚫︎アレルギーはあるのか?

⚫︎商品のご予算

⚫︎どんな商品がいいのか?


⚫︎どんな方法がいいのか

など、気になることがございましたら相談してくださいね。
チーズおかきに無料で相談してみる